籠池!!

本日は散歩にも行かず、一歩も外へ出ずに国会中継の籠池さんの証人喚問を見ながら曲作りをしておりました。開き直ったのか腹を括ったのか、割と堂々としてましたね。できた曲にタイトルがなかったので仮タイトルでMORITOMOにしましたよ。

アレンジの参考音源をYouTubeで探していると、なぜかいつも「しくじり先生」の動画にたどり着いて見入ってしまうんですがなぜでしょう。あれ、私はしくじっているのでしょうか。

 

最近電車に乗る密かな楽しみがこの広告です。探して前に立ちますね。


ゆるんでいいよっていうか、顔ゆるみっぱなしでございます。あれ、私はしくじっているのでしょうか?

 

 

 

メルカリ!!

東京にソメイヨシノの開花宣言が出まして、いよいよ春がそこまで来てますね。花粉もきてますね。先日、衣替え&冬服の断捨離を行いました。断捨離って「断って捨てて離れる」でしょ?でも現代は「売る」という選択肢があるんですね!今流行りの「メルカリ」、私はやり方わからないのでアカウント持ってる人(以下「越後屋」)に委託し代理販売を頼みました。「売り上げからテンパーあげるよ」と言ったら越後屋に「少なっ!ケチくさっ!」とさんざん言われましたが、悪くない話だと思うんですよね。しかし、取引のやり取りやら値下げ交渉やら、確かに大変そうで。こりゃ私には無理だなと思いましたね。「ビタ一文負けない!」と言ったら、それじゃあ売れないよと越後屋に諭されましたね。私は商売人に向かないようです。

しかし敏腕仲介業者越後屋のおかげで、なんと私のほとんど着てないデニムやら着古したデニムが(だいたいデニム)飛ぶように売れまして、なんと売り出してから2日と経たぬうちに20,000円近い売り上げを出しそうな勢い。越後屋と一緒にウハウハでございます。しかし「捨てる神あれば拾う神あり。メルカリは私腹を肥やすためにやるのではない。捨てたと思ったものが売れたのだから、感謝して貯金すべし」と越後屋。意外と堅実な越後屋の精神に、私腹を肥やそうとした我が身を恥じました。

 

ちなみに私の最近のヘビロテアイテムはこちら。


小倉くんに誕生日にもらったmarkaのデニムジャケット。かっこいい。

 

ブラヤマギ 地元編

「1日どこへも出かけずに曲作りをしよう」。そう決めた日に限ってやたらと天気がいいもんですから困ります。こんな日に家にこもっても根暗な曲ができるだけじゃないかと。出かけた方がよほど健全な曲ができるんじゃないかと。さわやかポップな曲ができるんじゃないかと!

先日そういう天気でございましたから、こんな日こそブラヤマギだと思いましてね。ちょいと地元をブラブラ歩きました。当たり前ですけどね。赤坂らへんは本当にいろいろありすぎますよね。昨日地元を歩いてみて思いましたね。なんもねえ!!

しかし、赤坂にはない「生活感」が溢れていましたよね。


 


 


 


 


急に写真に味が出てきましたでしょ?素人の私がiPhoneで撮ったとは思えないでしょう。それもそのはず。

 

そうなんです。


なんとカメラマンが同行してくれました!ただの散歩に!カメラを持つとスイッチ入るんですかね。「そこ座って!目線いらない!」…アー写撮影みたいになった。

なんでもない風景もカメラのファインダー?を通すと特別に見えますね。大事なのは目の付け所。曲作りだってそうでございます。さわやかポップなんて、誰かがやればいい。実りある「散歩」でございました。

 

 

破顔!!

たまに衝動的に「ラーメンとかいっちゃう?」みたいな話になりますね。この歳になると日常的にラーメンは無理。リームーでございます。勢いで決めて勢いで行かなければラーメン屋には辿りつけるものではありません。

先日、車で移動してたら「あぁラーメンが食べたい!急に汁のないラーメンが食べたい!」と唐突に言われましてね。「調べて!おいしいところ調べて!」とものすごい無茶ブリを受けました。助手席で食べログで検索しまくってましたが、汁のあるラーメンはいくらでも出てくるのですがご指定の「汁のない」ラーメンはなかなか出てこない。私、調べすぎて車に酔ってきて口の中が乾いてきましてね、なんなら私が汁なしになってきました。

しかし!数キロ圏内に引っかかった店が!しかもなんだか有名な人気店らしい!そして汁がない!


どーん!!逆流度★★

汁がないから逆流もさほどではないんですが、魚糞がたくさ…いや、魚粉がたくさん入っていてかなり魚くさいものが食後4時間ほどこみあげてきました。しかし大変美味しかったです。「破顔」というお店。汁のないラーメン、意外といい!

 

先生!!

本日は私の主治医且つ上司でもある先生のライブに行ってまいりました。お医者さんでガチのソウルシンガーという先生、相変わらず素晴らしい歌声でございました。そして一緒に働いている私の同僚もゲストボーカルとして出演という。私が関西人だったらライブハウスに入った瞬間に「職場か!」とつっこむレベルでございますよね。さっきまで一緒に働いていた人がステージにいるという不思議な感覚。というか、全員ガチのミュージシャンという極めて特異な医療機関で働いているのだなぁと改めて感じました。

非常に真面目で勤勉な同僚が、今の職場でゼロから試行錯誤しまさに二人三脚でがんばっている相棒の同僚が、ステージでとても楽しそうに輝いている姿はなんだか感動しました。同世代のミュージシャンとして、大いに刺激を受けました。

客層も落ち着いた年代の皆さんで会場全体「オトナ」な感じでしたが、途中でそのへんのフィリピンパブから抜け出してきたようなデーハーなチャンネーが入ってきまして(どうやら常連)、一人ノリノリで酒を煽り踊りまくっておりました。座って静かにライブを見ている老夫婦に「イッショニオドリマショー!」と絡んでいくコミュニケーションスキルの高さと、何度断られても絡んでいくハートの強さに私は感動しました。その垣根のなさは、ステージから降りて客いじりをするバンドマンよりよほど予想不可能の動きで戦々恐々でございましたが、本当に音楽が好きでそれをみんなと共有したいというパッションが抑えられず溢れているその姿は、なんだかとても美しかったです。

素晴らしい夜でした!

 

 

マリコロス!!

毎週楽しみにしていた科捜研の女が終わってしまった。超長寿シリーズですからまたそのうち始まるんでしょうけど、にわかファンの私にとっては完全に「科捜研の女ロス」でございます。「マリコロス」とでも言いましょうか。早く次が始まらないかなと思っていた私に朗報が。なんと昼間に過去シリーズの再放送やってたし!!


今は何回か録りためた少し若いマリコさんを見ながらロスを埋めています。しかし沢口靖子さん変わらないですね。10年以上前だろうに「コピペか!」というくらい変わってない。その美しさの秘密こそ、科捜研に調べてもらいたい。

 

漢方!!

軽い風邪を引いてしまいましてね。まぁ本当に軽いんですが。先生に薬を処方していただきました。


漢方といえば天下のツムラさんでございます。ツムラ138桔梗湯。先生曰く、これを水で飲むのではなく、粉のまま飲みなさいと。粉のまま、喉に擦り付けるようにゆっくり飲みなさいと。それが大変効くと。そんなの苦いしむせるし、軽い拷問だと思いますでしょ?

ところがこの桔梗湯、美味しいんですよ。ぼく、この味と香り好きなんです。なんならふりかけとしてご飯にかけたい。前世チャイニーズなんですかね?

仕事中にポケットからこれを取り出して口に含み、「…おいしい」とにんまりしている私を見て、同僚は「すごい境地に達してますね…」と若干引いておりました。

良薬は口に苦しと申しますが、あれはウソですね。良薬は口にもウマしでございます。1日3回じゃ物足りない。おかわりください。

 

乳首!!

本日はラジオ収録のためにグラ小倉が山岸家にやってきました。基本一発録りワンテイクでそのままエフエム高知に送って終了なのですが、本日はまたしても私が小倉くんの個人情報を漏洩してしまったため、前代未聞の差し替えツーテイクとなりました。

その後、とある方へのコメント動画を2人で撮りました。普通のコメントならそこらへんで撮れるんでしょうが、我々の場合演出上どうしたって乳首が出るので(どんなコメントだ)、人気のない駐車場に車を停めて車内で撮影しました。喜んでもらえるといいな。

久しぶりのガッツリ休日だったので部屋の掃除をして綺麗になった部屋で曲作りをしようと思ったら、部屋が綺麗になったところで1日が終わったっていう。あるよね〜。

乳首が出る前。

 

申告!!

気がつけば本日が確定申告最終日。皆さん、バンドマンの確定申告って意外と大変なんです。働いている場所が1つでしたら年末調整なんかもそこでやってもらえるんでしょうが、個人事業主たるバンドマンはじぶんで稼いだ分は正直に自分で申告しなきゃいけないのです。そう!正直に!

まず印税。複数の会社が版権を分け合っている場合、いろんな会社から印税が来るんですね。いや、そりゃ多けりゃうれしいですがね。例えばこれ。


44円て!これ、申告する必要ありますかね?悲しくなりますね。

しかしバンドマンは膨大な経費を使っているわけですね。それを計上して申告すると、大抵払いすぎた所得税が帰って来るわけです。ボーナス的な額が。そう、確定申告はMATSURIなのです!

本日、私は昼休みの隙を狙ってマッハで申告書を作成し、「ごめんなさい用紙代払います!」と心の中で連呼しながら職場のプリンターでプリントアウト!そして郵便局へダーッシュ!


見事、本日の消印に間に合いました!税務署と郵便局の場所がリアル!住んでるエリアと働いてるエリアがバレバレ!!

実は今年、例年は提出している書類を一部省きました。ある知り合いのバンドのギタリストが「出さなくて大丈夫」と言っていたから。私より売れてる人なので彼が大丈夫なら私も大丈夫なはず。

夏休みの宿題を8月31日にやる少年は、確定申告も締切最終日にやる大人になるのでした。

 

整体!!

昨年末の忘年会で初対面の整体の先生に飲みの席で身体を診てもらったという話をブログに書いたのですが、覚えてる方いるでしょうか?「山岸さんは呼吸ができていない」と、北斗の拳でいうところの「お前はもう死んでいる」的な衝撃的な診断をされたわけですが。

ありがたいご縁でしたので、昨日先生がいらっしゃるカイロプラクティックにおじゃまし正式に診察をしていただきました。

いやぁ改めて素晴らしい先生でございました!呼吸その他諸々の問題の原因をすべて的確に言い当て、改善するための処置をその場でピンポイントにやってくださり、生活習慣のアドバイスまで完璧にしていただきました。頼もしさと説得力ハンパないです。

「それでは◯◯骨を矯正しますね」と言って私の首を後ろから抱えると、チキンでも締め落とすかのように一瞬でコキッと捻じ曲げ、私の首から信じられない音が鳴りました。そして驚くほど身体が楽に!!!

初対面が忘年会という飲みの席だっただけに、「接しやすい陽気なおじさん」という印象でしたが、一気に尊敬しました!大先生!!


うわー!!!!

 

拉麺!!

突然ですが私は逆流性食道炎です。なのでゲップが人より多く出ます。人前では失礼だと思いながらも、メンバーの前では出しちゃいますよね。昔は「おい!」とか「汚い!」とか反応してくれましたが、今では小倉くんもはるかちゃんも無反応ですよね。私のゲップは完全に流されてます。逆流性だけに。

そんな逆流男の私が、最近珍しくラーメンを食べました。バンドマンはみんなラーメンが好きみたいなイメージありますけどね。私はめったに食べませんよ。あいつら逆流してきますからね。でも最近久しぶりに食べたラーメンはおいしかった!食べログとかにあるでしょ。「コスパ度★★★ 雰囲気度★★」みたいに評価するやつ。やまぎブログは独自の評価基準がございます。


荻窪「春木屋」 逆流度★★

実にあっさりの昭和の中華そば。これなら逆流性の私でも無理なく食べられます。食後の逆流も比較的少なめ。ゲップの残り香も魚介系の出汁のような香り。

 


千葉あたりで有名な「かいざん」。逆流度★★★★

そんなにこってりではないのですが、ゆうてもとんこつ系。なかなかの脂でございます。逆流度も高めですが大変おいしかったです。ゲップの残り香は、とんこつの臭みというよりはネギの臭み。さっき食べたネギが口の中でリバイバルというくらい強烈に逆流。

 


最後はいつもお世話になってます富士そば赤坂見附店の「煮干しラーメン」 逆流度★

「富士そばでラーメンなんて」と思っていましたがこちらがなかなか侮れないのです。ネットでの評価も高いみたい。騙されたと思って食べてみそ。味噌じゃなくて煮干しだけど。逆流も少なめでした。ゲップはもちろんさわやかな煮干しの香り。

 

ありがとうございました。

 

野比!!

漫画の好きなキャラクターって、いつまでも色褪せないですよね。当たり前だけど自分が年をとっても年取らないですし。例えば私にとってタッチの南ちゃんは永遠のアイドルですが、当時南ちゃんはお姉さん的存在で、なんなら南ちゃんで性に目覚めたくらいでした。しかし今や私はおっさんとなり、今高校生の南ちゃんを好きだったら犯罪レベルですからね。

でも、ぼくが一番好きなキャラクターは


のび太くんです。

ちょっとサンプルのシチュエーションがひどいですが。これはドラえもんがのび太くんに「君はいい人すぎる。もっと人を疑った方がいい」と言って(ドラえもんもけっこうひどい)変な薬を飲ませた時です。スネ夫災難ですよね。「キャーたすけて」があまりに切迫してます。のび太も「そこ引っ張る?」ってとこ引っ張ってますからね。

ドラえもんを読破した人なら必ずわかるはずです。そりゃ勉強も運動もできないけど、のび太くんが本当に心のやさしい少年だということを。いつか自分に子供が生まれたら「のび太」と名付けたいと本気で思っていました。今ならキラキラネームとしてカテゴライズされちゃうんでしょうかね?

 


神回「のび太の結婚前夜」の名場面。私もそう言ってもらえるような男でありたいと思いました。

 

携帯!!

この度、iPhoneのカバーを変えました。iPhoneにしてからずっとぼくのカバーは、


プーさんだったんです。ボロボロになるまで使い、同じのを二度買いましたからね。なぜボロボロになるのかわかりませんが。精神不安定なときに叩きつけたりは決してしてません。ごらんのとおり二代目プーさんカバーもハゲてきましたので、この度新しいのを買いました!

こちら!


間違えた!

 

こちら


うぇーい。性格悪そう。

 

こちらなんと


 

石田ゆり子さんとおそろい!!!

 

発作!!

私は幼少時代えらく貧弱でして、長く喘息を患っておりました。発作が起きるとヒューヒューと隙間風のような喘鳴が気管から鳴り、呼吸がひどく浅くなり大変苦しかったのを覚えています。発作はいつ起こるかわからず、常に吸入器を手放せず持ち歩いていました。

大人になってほぼ治りましたが、体のどこかに抱えていたんでしょうね。昨日晩酌中に数年ぶりの発作が起きましてね。吸入器がないもんですからたまたまあったホクナリンテープという気管支拡張テープを貼り、静かにしていたらおさまりました。

翌日、約20年ぶりの吸入器を先生に処方していただいたんですが、20年あればファミコンもプレステになりましたでしょ?この20年の間で医学も進歩し新しい薬とか出たかなと思ったんですが、


安定のメプチンエアー!!20年前とまったく同じでした。発作を止めるにはやはりこれだそうです。ちなみに左のレルベアというのはお初でしてね。発作を起こりにくくする薬だそうです。

中身はまったく同じなのですが、あと何回噴射できるかカウンターがつきましたね。ちなみにメプチンエアーは副作用で心臓がバクバクするんですが、薬局で「やっぱり心臓バクバクしますか?」と聞いたら「うん、やりすぎると止まるわよ」とさらりと言われました。なぜ脅す。

できれば使わずにすみたいものですね。

 

圧出!!

昨日、私渋谷にある美容皮膚科に初めて行ってまいりました。特に肌にトラブルはないのですが(たぶん一般的にいうトラブルをトラブルと感じていない)、紹介してもらいましたし年齢も年齢なので一度診てもらおうかなと。
いやぁ私ここにいていいんでしょうかという異空間でしたね。男性もちらほらいらっしゃいましたが基本的には小金を持っていそうな女性がほとんどでしたし、受付のお姉さんたちからしてサイボーグかってくらい年齢不詳で美しい。

先生も年上なのに肌の感じから言ったらタメ、いやもしくは年下。ライブの打ち上げにいたら間違えて先輩ヅラしてしまうでしょう。気になる私のお肌ですが、男性にしては毛穴も小さめで悪くはないそうです。ホッ。最後に「今日は圧出をして行ってください」と言われ別室に通されました。はて?「圧出」とはなんぞや。

ドキドキして別室のベッドで横になって待っていると、先ほど受付にいた美のサイボーグが現れ、何やら特殊な器具で私の鼻をものすごい力で押し始めましたよ。鼻の毛穴の汚れを文字通り「圧出」するらしく、鼻骨がひん曲がるのではないかという結構な力でグリグリとやられまして。気がつくと私、泣いていました。それでも手を緩めることなくまさにサイボーグ的な冷徹さで私の鼻を攻めるお姉さんが、何も言わずにそっと涙をガーゼで拭いてくれました。この世の究極のツンデレを見た気がしました。

美容には痛みが伴うということを文字通り「痛感」いたしました。

 

ブログを書くスペックホルダー

この日記を時々開いて何日分かまとめて読んでいるという方の目は欺けると思うのですが、どんだけいるかわかりませんが毎日見てくださっている方は恐らくお気づきでしょう。時々当ブログには怪現象が起こります。前日夜は確かに更新されていなかった日記が、翌日確認すると前夜にしっかりと更新されているではありませんか。そうなんです、私には時の流れを捻じ曲げるスペックがあるのです(最近「SPEC」観てる)。

開き直るわけではないですがね、毎晩毎晩欠かさずに更新できたら、逆に心配になりませんか?36歳の私の私生活と未来が。そうなんです。このブログには公開日時と時刻を設定できる機能が備わっているのであります。ですからどうしても更新できなかった夜には、翌日に日記を書き更新日時を過去である前夜に設定しポチッとやるわけです。そうするとあたかも前夜にしっかりと更新されていたようになるという、いわゆる「不正」を働いているのであります。

本来、あらかじめ記事を書いておいて、設定時刻になったら自動的に更新されるようにするという、いわば「未来」を設定するための機能なんでしょうが、私の場合は日付を改ざんして「過去」にあったことにするという変な使い方をしているのですね。

若干の微調整という名のタイムラグはあるとはいえ、毎日更新は続いております!ただいま4ヶ月半!

 

科捜研の女

家にいるときは基本ラジオをつけていてあまりテレビは見ない私ですが、最近は晩酌をしながら録画した「科捜研の女」を見るのがささやかな幸せとなっております。今のところ、直虎の柴咲コウさんよりも、科捜研の女の沢口靖子さんにハマっている2017年です。

ググってみたらすごいんですね、科捜研の女。日本の連続ドラマ史上最長記録をぶっちぎりで更新しているそうですよ。国民的ドラマじゃないですか。今まで見てなかった私は非国民じゃないですか。

目指せ、科捜研の女のタイアップ!!

 

新宿で買い物する

先日久しぶりに「THE 業界人」といった人にお会いする機会がありましてね。私は特に素性を言ってなかったのですが、「お兄さんミュージシャンだろ。イキフンでわかるよ」と言われました。私がミュージシャンっぽいかどうかはどうでもいいんです。「雰囲気」を「イキフン」と言ったことに私は驚きましたね。本物や!

昔深夜にギロッポンを歩いててキャバクラの客引きのおじさんに、「兄ちゃん、キースーなプイターは?」と声をかけられた時、思わず「はい?」と聞き返しましたね。キースーなプイター…キースーなプイター…。それが「好きなタイプ」とわかった時には軽いアハ体験でございましたよ。茂木先生もびっくりです。

いつかさらりと、そしてバブリーに使いこなしてみたい。ザギンでシースー、ギーヤマのゴリオーで。

 

試食の話

今日も、いかにも仕事ができそうで小金持ってそうなビジネスマンに紛れて、スタバでマック開いて前日のブログを更新している私です。赤坂のスタバ、なんでも本日はスウィーツなんちゃらパーティーとのことで、試食をやたらとさせてくれます。コーヒー1杯の私に、くっつけたら1個分になるのではないかというくらいの量のスコーンの断片を食わせてくれます。


せっかく買ったタンブラー忘れましたし。

いくつになっても試食ってうれしいものですよね。スーパーで買い物途中に食べる試食ってなんであんなにおいしいんでしょうね。子供が無遠慮に何度もお代わりしているのをみると、大人になったことを少し寂しく感じますね。

大人になるといろいろ考えますからね。「食べたら買わなきゃいけない気がする」なんて、子供は考えませんもんね。ちなみに私はジムでプロテインを試飲して買っちゃいましたからね。私の筋肉になるはずだったプロテインちゃんは、キッチンの戸棚でまだ眠っています。1年前のなんですけど、プロテインに賞味期限ってありますかね。

 

 

吉祥寺

吉祥寺でライブでございました。プラネットKの周年の後夜祭みたいなイベントでございました!長いイベントでして、我々の出演時にはすでにけっこう酔っ払った共演者やお客さんがざわついていましてね、「本当にここは吉祥寺か?新宿みてえだな!」とMCで言ったんですが、打ち上げで「ぼくたち新宿Marbleによく出てます」というバンドさんがたくさんいて、なんだ、本当に新宿だったんだと我ながら自分の嗅覚の鋭さもなかなかだなと思いました。

我々が初めてライブハウスに出た時に、HIGHWAY61の前座で出たんですね。実に15年前でございます。久しぶりの共演で、しかも我々の次が大トリのHIGHWAY先輩。我々もそれなりに経験を重ねましたが、ハイウェイ先輩のライブ見て、あの時と同じ気持ちになりました。実にかっこよかったです。

終演後はプラネットKが愛すべきダメバンドマンの巣窟みたいな感じになってましたね。客かスタッフかよくわからん女の子と酔っぱらって抱き合ってるやつ。「終電まだあるの?」「え、わかんない!」というやりとり。一刻も早く帰りたいと思いながらも、いつまでもこのタバコくさい空気の中でこのおもしろい人たちを見ていたい、とも思いました。私は結局ライブハウスが好きなんですねぇ。

 

さて、楽屋で股関節の可動域のストレッチを行う小倉。


カイロプラクティックに一度行ってみたいそうです。しかし彼の脳内で「カイロプラクティック」というワードがどうしても出てこなかったようで、

「おれ一度あれやりたい。あれ。ええと、マイコプラズマ!」

肺炎を一度患ってみたいって、どんだけMなんでしょうか。

 

ききチョコはるか

高級チョコとコンビニチョコの味の違いのわからない二流ミュージシャンの我々が、昨日はリハーサルでございました。「え、わからなかったんですか?やばっ」と鵜沼はるか。ならばお前がやってみろーい。


来週放送の青春スピーカーは鵜沼はるかさんにききチョコをやっていただきます。しかし、目隠しをさせたはるかさんを真ん中に両サイドからチョコを「あーん」と食べさせる我々の絵は、なんというかただの変態誘拐犯でしたね。それにしてもただ目隠しをしただけなのにはるかさんが我々の気配にやたら怯えて警戒してましてね。我々はそんなに信用されてないんですかね。「仕事だぞ!仕事だ!」と繰り返す小倉。どんな仕事だよ…。

さて、仕事とはいえ高級チョコGODIVAを食べられてご満悦のはるかさんでございました。結果は来週放送の「ウラニーノ青春スピーカー」をお楽しみに。公共の電波を使って何やってるんだか…。

明日は吉祥寺でライブでございます。前にライブ会場でお客さんに「今度の吉祥寺ウラニーノ何時くらいですか?」と聞かれ、なんと私「確か15時入りですね」となぜか入り時間答えてしまいましたね。出番は20時50分くらいからです。

 

ききシンバル

FM高知で毎週木曜日、実に自由に放送しております「ウラニーノ青春スピーカー」。先週の放送では「ききチョコ」を行い、高級チョコとコンビニのチョコを見事に間違え「二流ミュージシャン」に格下げとなった我々が、汚名返上を目指して今週挑むテーマはこちら。


ききシンバル!!

一流ドラマーの小倉くん、ここは頼みます。スタジオにあった3種のシンバルを、ドラム経験ほぼなしの三流ドラマーの私が順番にひっぱたき、小倉くんに当ててもらうという企画。パイステ、ジルジャン、セイビアンというドラマー的には三大シンバルメーカーらしいです。

いやぁ、音の違いどうこうの前に、うるせぇ…。普通の部屋で聞くシンバルの音があんなにでかく耳障りだとは思いませんでした。ライブでは快感を生み出す気持ちのいいあの鳴りが、部屋ではストレスしか生み出しませんでしたね。しかしさすが響きの違いを真剣に聞き分けるプロドラマー小倉。そして結果は…

残念!!!!まさかの聞き分け失敗でございました。その後「パイステのこのモデルは一般的なパイステよりざらついているからね」「ジルジャンは元々はジャズでよく使われていて、ストーンズのチャーリー・ワッツが愛用している」などと素晴らしい解説やうんちくで「さすがドラマー」的な空気に持っていく小倉。←でも間違えた

そして番組終了間際でまさかの発言。私は知りませんでしたよ。

「ぼく、パイステとエンドーサー契約してるので」

そのパイステを聞き間違えるという最高のオチでございました。シンバルの響きは実に奥が深い。

 

フェスの話

フェスって行ったことないんですが、楽しいんですかね。朝から晩まで音楽聴いて疲れませんかね。対バンの多いイベントで、どのバンドも素晴らしくて感動しても、疲れるんですよね。腰とか。主に腰とか。以前取材の最後に「ウラニーノの今年の目標」と聞かれ、私は声高に力強く言ったんですよ。「今年はフジロックに!」、「…行ってみたい」と。「見識を深めるつもりで一度はフェスというものに行ってみてもいい」という真面目な目標として発言したのですがね。ライターの方はあえて古い効果音をつけるならば「ズコー!!」となりましてね。「出たいじゃないんですね」と。

夏フェスに出りゃ売れるって話でもないですし、夏フェスに出て売れてる気分になってるのもあまり格好のよろしいものではございませんが、そろそろ夏フェスのオファーが来る季節ですよね。なんてことを思っていたら、世界一熱い夏フェスのオファーらしき着信が。


フェスの季節でございます!

 

落し物

マンションのエレベーターに乗ったらこんな貼り紙がありましたよ。


なんだか心が温まりましたね。具体的に何が落ちていたかはあえて触れず「落とし物」としたところに拾い主のやさしさと気づかいが感じられます。しかし、内容はともかく、もう少しまとまりのあるフォントで書けなかったんでしょうかね。よく言えば味のある、悪く言えば「左手で書いたの?」っていう字ですよね。

そしてうちのマンションにはエレベーターが2機ありましてね。もう1台にも貼り紙があったんですが…


微妙に変えてきましたね。「ピンときましたら」。なんか言い回しがかわいいんですよね。これを書いたのは果たして男性か女性か年齢はどのくらいでどんな職業か、きっと筆跡や文体からプロにはわかるんでしょうね。

教えて!

 

科捜研の女!

 

ブラヤマギ 迎賓館

さて、すっかり健康志向のウォーキング男子に成り下がった私ですが、ブラヤマギもどえらいとこに行きましたよ。


じゃん!

迎賓館ですね。柵の外から不審者丸出しでのぞいていたら、案の定警備員が声をかけてきましたね。やはり国賓クラスの超VIPを迎え入れる場所ですからね。警備も厳重ですよね。昼休みの散歩で冷やかしで来るとこじゃあございません。「怒られるな」と思ったんですが、なんと警備員さんニコニコしながら、「入れますよ。よかったらどうぞ」と。え、いいんですか?特別公開中らしいです。まさか仕事中の昼休みに迎賓館に入れるとは思いませんでしたね。手ぶらでチノパンにスウェットという、近所のスーパーにでも来るような格好で。

 


…おお

 


わおー!!素晴らしい。大興奮。

そして驚いたことに迎賓館の前庭に即席のケバブ屋みたいなテイストのカフェがありまして…

 


迎賓館をながめながらコーヒー飲んどるし!いいのか迎賓館!こんなにポップに接していいのか!仕事の合間の休憩1時間の過ごし方としては、MAX優雅ではないでしょうか。

くつろぎすぎて帰りはもはや散歩ではなく競歩でしたがね。危うく同僚の休憩時間奪うところでしたね。

 


※勤務中です

 

 

ザイザル

ザイザルってご存知ですか?お薬の名前です。ジオン軍の新型モビルスーツっぽいけど違いますよ。シャア専用ザイザルとかないですから。

実は今年、公私ともにお世話になっている私のいろんな意味での主治医の先生に、「山岸さん、これ飲んでみたら」と、このお薬を処方していただき飲んでみたら、あらびっくり。花粉症の私が花粉の「か」の字も感じないではありませんか。「今年はまだ花粉来ないなぁ」なんて言っていたら友人が、「何を呑気なことを言っている。もう飛んでいるではないか」と。これはまさにザイザル効果!しかも眠る前に一錠飲むだけでございます。「副作用で渇きますから」と先生に言われましたが、私、毎晩深酒をしてバタンと眠るものですから、どちらにしても朝はカラッカラに乾いておりますのでモウマンタイ。ありがとう、いい薬です。

小倉くんにも勧めたいのですがね、「わしゃ薬は飲まん」という大正時代の頑固ジジイみたいな男ですからね。飲むかわかりません。

 

ガチ恋系

ドラマを見て役柄や演じている役者さんを好きになるのは普通のことですが、本気で恋しちゃう人を「ガチ恋系」というらしいです。リアルと妄想の境目があやふやな、ちょっと危険な傾向だなと思いますが、最近自分がもしやこの「ガチ恋系」ではあるまいかという疑惑が湧き上がってきました。

毎週楽しみにしてます。死体役でいいから出演したい。そしてあなたに足首をクイッといじられて、死亡推定時刻を言い当ててほしい。

そうです。私がガチ恋しているのは、

 


科捜研の女。

 

謎のおじさんの話

私は東京郊外のマンションに住んでいるのですが、あれは確か昨年の春のことでございました。駐車場で野良猫にごはんをくれてやりながら手なずけていたら、犬の散歩をしている初老の男性と会いました。「寒いですね」などとご近所さん同士の他愛もない世間話が始まったのですが、なんだか話していると音楽業界の人らしいことがわかってきました。しかも「最近はあんまり出社していないけど明日は虎ノ門で役員会」などと、なんだか内容にどんどん大物感が出てきまして。しかし、失礼ですが風態にそんな雰囲気が全くなく、よく言えば慎ましい、悪く言えば貧乏くさい(失礼)。徘徊老人と言われてもおかしくない雰囲気でございます(ますます失礼)。「自分もバンドやってます。エピックです」と話すと話が弾みましてね。こういう時だけエピックの名前出すとこが自分でも情けないんですが。「最近はCDが本当に売れないねぇ。こないだ出したaikoがまぁ売れたかな」などとぶつぶつおっしゃっていましたが、最後は「演歌サイコー」的な結論になり別れました。

別れた後で考えましたね。態度もエラそーな感じがなく物腰の低い方ですし、本当にあの方は業界の大物なのだろうかと。気になったのでちょいと調べたらすぐわかりました。aikoさんがいて本社が虎ノ門といえば、天下のポニーキャニオンでございます。私が自宅マンションの駐車場でネコ集めをしながら世間話をした人は、ポニーキャニオンの重鎮だったのでしょうか。その後ちょいちょいお会いしますが、あのおじさんが何者かは謎のままです。

バンドマンよ、近所を散歩するにも常にサンプル音源を持ち歩け。どこに誰がいるかわからんぞ。

 

 

 

幸せ

SNSの使い方が我ながら下手というか今でもよくわかっていないというか。Twitterは気づけば2週間くらい投稿してないことありますね。「つぶやき」と考えると相当無口な人間ですよね。Instagramはぼくにとっては石田ゆり子さんと浅見れいなさんの日常をただただ拝見するツールという気持ち悪い使い方になってますし、Facebookにいたっては完全に放置状態でございます。

先日久しぶりにFacebookをのぞいたらデスね、大学のサークルの後輩の女の子たちがそれぞれの子どもや旦那さんを連れて集ってましてね。まぁ「幸せ」を絵に描いたような構図でございました。ざっと流し読んでいたんですが、末尾の言葉に私は膝から崩れ落ちましたね。

「幸せの充電完了っ!!」

私は不幸の充電MAXになり、なんなら漏電して人様にまで迷惑をかけたことはありますが、幸せが充電方式だったとは知りませんでした。そして作詞家として、この表現は自分からは出てこないなと唸りました。もっと精進します。Facebook恐るべし。

最後に「しあわせ」の写真貼っておきますね。


少なくともこの時の私、実に幸せそうな顔してますね。

 

ディズニーランド気分で行かなければ

「飲みに行ったと思えば安い」というやまぎ理論が、「飲みに行ったと思わなければ高い」という砂の牙城のように脆い理論だったことは何度も自ら証明してきましたが、こないだ他の人が使っているのを聞きました。

基本、絶叫マシーンは乗れない私は「ディズニーランドが精一杯」とよく人に言うのですが、だいたい絶叫系至上主義の人たちは「あれは絶叫系に入らない」と言いますよね。スペースマウンテンで断末魔の悲鳴を上げた私はなんなんでしょうか。

ある人が言いました。「ユニバーサルスタジオはディズニー気分で行くと痛い目に遭う」と。私はムキになってなぜか自分が不利になる発言を不用意にしてしまいましたね。「ディズニー気分で行くから痛い目に遭うのであって、ディズニー気分で行かなければ痛い目には遭わない」。我ながら見事な反論でしたがね。しかし、当然言われましたよね。「じゃあ、乗れるんだな」と。

引くに引けなくなった私は、「ディズニー気分で行かなければ…乗れる」となぜか自分の首しかしめない発言を続けましたね。

なんだか落語みたいになってきてよくわかりませんが、要は「私はユニバーサルスタジオの絶叫系アトラクションに乗れます」。ということになりました。いずれ証明しなければなりません。「ディズニーランド気分で行かなかったから、痛い目には遭わなかった」と。

ディズニーランドではないからこわい、必ずこわい。

 

違いのわかる男たち

今日はFM高知「ウラニーノ青春スピーカー」の収録で小倉くんが山岸家に来ましてね。収録の後ちょっと打ち合わせも兼ねてうちで一緒にご飯を食べました。これは15年の歴史の中でもなかなかないことですね。確定申告前、今季の印税が大変少なかったお詫びも兼ねて(毎回少ない)、小倉くんにご馳走をしました。これぞギーヤマのゴリオー(やまぎのおごり)でございます。スーパーでいい肉を買ってきてすき焼きをしましたよ。山岸理論「飲みに行ったと思えば安い」を適用して、高い順に豪快に肉を買い物カゴに放り込んでレジに行ったら、まさかの「飲みに行った方が安いんじゃないか」くらいのお会計になりましたが、しかし非常にウマかったのです。小倉くん、いつもありがとう。

が、しかし。我々に高級肉と安価な肉の味の違いが果たしてわかるのか。甚だ不安になる出来事が青春スピーカーの収録中に起こりました。テーマは「ききチョコ」でございます。バレンタインデーの回の収録で、「我々にチョコの味の違いがわかるか」という議論になりまして持ち上がった企画。

1つはコンビニで買った定番ロッテのガーナ。2つめは同じくコンビニで買った、コンビニの中では高級志向な明治のチョコレート、そして最後は天下のGODIVA先生。金額にすると10倍の開きがあるこのチョコを、目隠しをしてランダムに食べて当てるという企画でございます。

2月23日放送の青春スピーカーを聞いていただきたいのですが、まぁ悲しい結果でございました。しかし、本当ははるかちゃんにやってもらう予定だったんですよね。仕事とはいえ、おっさん2人がチョコをお互い「あーん」している絵はなかなかきつかったですね。ラジオでよかった。

 

ブラヤマギ 皇居へ

今日は風が強かったですね。風にも花粉にも負けず今日も昼休みに徘徊しました。で、歩いている途中に新曲のいいフレーズが浮かんだのでiPhoneのボイスメモに録音したんですがね、後で聞いたらゴーゴーというものすごい風の音で、渾身の鼻歌がまるで聞こえません。しかも歩いて若干息があがってるため、微かに聞こえる声もハアハアと吐息混じりで変態っぽく、我ながら気持ち悪いです。今日みたいな風の強い日はスタバに行った方がよかったですね。風が強いと桶屋が儲かると言いますがね、風が強いとスタバが儲かりますよ普通に。


 
ついに三宅坂から皇居をのぞみました。国立劇場の敷地内をちょいと通過して最高裁をぐるっと回って帰りました。今日は銀行で両替した釣り銭の100円棒が2本ずっとポケットに入ってまして、足首に重りつけて走るストイックなランナーみたいな気分でございました。終点の赤い地点は「富士そば」です。おいしくもまずくもない、安定の富士そばでした。

ああ、ライブがしたい。

 

なめろうの話

「飲みに行ったと思えば安い」という都合のいい理論で、最寄りのスーパーのタイムセールでわりといい刺身を買ってしまうという話をいつだかしましたがね。最近はアジのたたきが安くなっております。かわいそうに売れ残っていることが多くて、「買ってよ」と私を見てくるわけです(たたきですから目どころか原型の影も形もないんですが)。

で、最近このかわいそうなアジちゃんたちが成仏できる素晴らしい活用法を思いついたんですよ。


ほれ、アジのなめろう。ネギと生姜と大葉をみじん切りして、アジと味噌を加えたら、あとは包丁で叩きまくる!親の仇のように叩きまくる!レシピには「二本の包丁を両手に持ち」と二刀流の指示がありますが、私は一本で二本ぶん叩きまくる!売れ残ったアジもこんだけ叩いてもらえたら本望でしょう。と、いうくらい叩きまくる!ネットの出家アイドルのように叩きまくる!

これだけで私は酔いつぶれる自信があります。最高でございます。これは飲みに行ったと思わなくても、普通に安い!そして最近ジムをサボっているくせに右腕が謎の筋肉痛。そう、中学生でそこだけ発達してたら「オナ筋」といじめられる部位です。紛れもなく、なめろうを叩いた勲章でございます。

と、いうくらい叩きまくる!!

 

せっせっせーのよいよいよい

埼玉のアスクルの倉庫が燃えてしまいましたね。大変なことでございます。発注がストップしてしまい困っています。アスクルなのに「イツクル」状態です。うまいこと言ってる場合ではございません。東京にいるとアスクルなのに「キョウクル」状態の時もありましたからね。アマゾンもプレミアム会員的なものになると最寄りの営業所から数時間以内に商品が届くなんてサービスもあるようですね。「スグクル」ですよね。ちなみに押尾学は「スグイル」でしたね。失礼いたしました。

ところで、「せっせっせーのよいよいよい」と言われたら、皆さんは次に何て歌い始めます?「おちゃらかおちゃらかおちゃらかホイ」じゃないでしょうか?違いますかね。というのはこないだ「せっせっせーのよいよいよい」の後、「ホンジャマカホンジャマカホンジャマカ…」と歌い出した人がいまして弱っちゃったんですが。これは「おちゃらか」の記憶が脳内で崩壊して、なんとなく韻が似ていた「ホンジャマカ」が誤って飛び出したと考えて差し支えないですかね?おちゃらかは私が育った新潟のいわゆる地方ルールであって、「ホンジャマカ」が一般的だとしたらけっこうショックなんですが。

そもそもなぜ「せっせっせーのよいよいよい」になったか?本当に酔っぱらいのすることは理解の範疇を超えますよね。

 

 

ブラヤマギ はるかなる日比谷公園編

先日お客様に「ブラヤマギ楽しみにしてます」と言っていただき、おっさんの昼休みのただの徘徊をなんかすみませんと思ったのですが、「日比谷公園までは行かないんですか?」と言われましてね。徘徊魂に火がつきましたね。これはブラヤマギへの挑戦状だと。わかりやすい性格の私はさっそく翌日日比谷公園を目指してみました。しかし!!

 


遠い!これは手強い!地図上、私のルートをごらんください。霞ヶ関あたりで引き返してますでしょ?そこからちょっと右に行った緑のスペースが日比谷公園です。ちょうど日比谷公園の木々が見えて来たあたりで、やむなく踵を返しました。このままでは「帰りはお金を払って電車に乗る」という意味不明の昼休みになってしまう。

しかし、こうして地図で見ると皇居も射程範囲に入ってきますね。走れば帰ってこれますね。昼休みの時間つぶしのつもりが、気づいたら皇居ランナー。

私はミュージシャンです。

 

テキーラの正しい飲み方

西荻窪で弾き語りでございました。アサトアキラくんの主催でスリマの風間くんとスリーマン。お集まりいただいた皆さん本当にありがとうございました。

初めて行くフリーダというお店、珍しいテキーラ専門のバーでございました。テキーラといえば、打ち上げの最終形で全裸もしくは半裸のバンドマンたちと味もわからない状態でショットで一気飲みのイメージでしたので、「テキーラソムリエがいます。おいしいテキーラをぜひ味わってください」というお店の説明に私は相当魅かれましたね。

ライブ後にテキーラソムリエに相談して、私にオススメの一杯をいただきました。


「シナイ」というテキーラですね。一気飲みは「しない」。オンザロックでいただきました。スコッチのようなピート感があり、大変美味しかったです。これまで一気飲みでしか飲んでこなかった非礼をテキーラさんに詫びました。その場のノリではなく、じっくりと味わいながら楽しみたいものです。酒も音楽も。

さて、一杯だけで我慢して、帰りは同じ方向の風間くんに甘えて家まで送ってもらいました。最近ご無沙汰しているバイト先の近況を聞いたり、共通の知り合いのバンドマンの悪口を言い合ったり。久しぶりに会ったけど、風間くんが相変わらずでうれしかった。主催者のアサトくんに「アサト族全員集合っていうイベントタイトル、今すぐ変えた方がいいよ」とダメ出しするとこも、ライブ中に手でハートを作る「ラブ始めました」というアサトアキラの謎の振り付けをどんなに煽られても断じてやろうとしないところも。(※ぼくは負けて最後に少しやった)

なかなかすごい空気になるスリーマンでした。癖がある方が好きですね。お酒も音楽も。

 

 

 

死にたい

さて、タイトルで急なメンヘラ感出してみましたが、明日は弾き語りライブです。西荻窪です。あまり広くない会場のようなので行ってもいいかなと思ってくれてる人は直ちに予約してください。基本的にポジティブな人間なので「死にたい」とか思うことはないのですが、唯一死にたいと思う時は予約の数が少ない時です。

去年「死にたい」っていうタイトルの曲を作って何度かライブで歌ったんですがね。それはチケット予約が少なかった時の絶望を歌った曲では決してないんですが、ライブでお披露目した後にいろんな人に「大丈夫か?」と心配されましたね。私はいたって元気でむしろ生気に満ちている時に書いた曲なので大丈夫なんですが、サビで「死にたい死にたい」と連呼されたらそりゃ「こいつ大丈夫か」と思いますよね。こんな歌詞です。

「死にたい 死にたい もう死んで構わない
そう思えるくらい 生き抜いてやりたい」
そう、結局生きたいのです!明日はお待ちしております!死にたくない!

 

ライブを飛ばしたことはない

ライブを飛ばす夢を見ました。恐ろしいですね。サーキットイベントで知り合いがたくさん出てるのでいろんなライブハウスに顔出して挨拶してたら、うっかり自分の出番を忘れて帰ってきちゃうというマヌケな夢でした。チケット払い戻しについて対応に追われるという妙にリアルな描写までありました。起きたら冷や汗をかいてましたね。嫌な夢でした。

さて、いくつか前の日記で若干ハゲをdisるような記述がありまして、近い将来にあれが「ブーメラン発言」として引用されるような事態が私の頭髪に起こらないとも限らないので、非常に反省しておりました。しかし、もし自分の身に起きた時はなるべくハゲをポップに受け入れたい、そして人の身に起きた時もデリケートなハゲをポップにいじりたい。あれからそんなことばかり考えていたら、ハゲがややきてる人にかける適切な言葉を見つけました。身近にそういう人がいたらぜひ試してください。これです。

「モウスグニ、アルシンドニ、ナッチャウヨー!」

これは30オーバーじゃないとわからないネタかもしれませんが、自分が大人になってみて、あのCMのオファーを受けたアルシンド選手の器の大きさを思い知りました。トモダチナラアタリマエ〜

 

追跡、ブラヤマギ

インターネット、SNS等での個人情報の漏洩および流出に対し誰もが慎重なこのご時世に、私あえて逆行するかのような勇気のある画像を投稿いたしましょう。


これが2月13日の私が歩いたルート「ブラヤマギ」の全貌であります。GPS機能で歩いたルートが地図上に表示されるアプリを入手しましてね。最初にダウンロードしたおすすめアプリが、なぜか距離がマイル、体重はポンドで表示されるという、全くピンとこないアプリで心が折れかけたのですが、ようやくよさそうなアプリを見つけました。まさにお昼過ぎの13時から14時というリアルな昼休憩タイム、私はこのようなルートで「ブラヤマギ」を敢行しておりました。

いろいろツッコミどころが多いと思いますが、国会議事堂、内閣府、首相官邸と、日本の国家中枢を担う機関がずらりと並ぶエリアを、私はのらりくらりとほっつき歩いているわけであります。テロ的なものが起きたら間違いなく真っ先に巻き込まれて犠牲になる悲劇の一般人ですよね。お役所官僚関係の人ならまだ「殉職」と言えるんでしょうが、私の場合「バンドマンがなぜそこにいた」ですよね。

そんなわけでこの時間くらいにこのルートを歩いていたら、私に遭遇してしまうかもしれません。万に一つそんなことがあったら、タモリさんに声をかけるより数百倍軽い気持ちで「ブラヤマギ見てます」と声かけてください。

 

実家にて

いただいた高級ロールケーキを食べ切れないという理由で、実家の父母に消費してもらおうと帰参いたしました。コーヒー飲んでまたーりとした後に、昔の写真を少し整理しておりました。急な身辺整理ですが、特に死ぬ予定はありません。

23か24くらいの時の写真が出てきましたがね、だいぶ今よりむさ苦しくて、メロコアかインストのバンドの人みたいに見えますね。


このギター今どこにあるんだっけ。いつの間にかファミコンのカセットを借りパクしてたりされてたりってよくありましたが、ギターでもあるもんですね。

着てるTシャツはたぶん大宮ハーツの何周年かの記念Tシャツ。あふれる地元愛。オーストラリア大陸みたいな形、これ埼玉県の形なんですね。

妙な写真もたくさん出てきましたので、勇気があったらまた載せます!

 

ブラヤマギ 日枝神社編

ブラタモリはその土地の歴史や地形を考察しながら歩く大変おもしろい番組ですが、ブラヤマギは何の目的もなくブツブツ言いながら同じエリアを行ったり来たりするという、痴呆老人の徘徊の様相を呈しています。ブツブツ言っているのは新曲の構想を練っているのであり、同じエリアをウロウロするのはあまり遠くへ行くと昼休み時間内に帰って来れない可能性があるからでございます。

昨日は日枝神社へ。山王下の交差点からかなり長い階段を登り本殿へ。お参りをして階段を降りてきてから重大なことに気づきました。「あ、これ初詣だった」と。私まだ初詣行ってなかったんですね。気付いた後の私の行動はまさに奇行でした。なんともう一度階段を上がり改めて本殿へ。そして、「先ほど来ました山岸です。さっきのが初詣でした。改めて今年もひとつよろしく願いします」と、仕切り直して二回行ってしまいました。お作法、ご利益的にどうなんでしょう。


身の丈に合った暮らしでいい。健康で1年過ごせますように。あともう一つ。夢の印税生活!!なんとかお願いします!

 

気を使う言葉

以前あるライブの打ち上げで、初めて対バンしたバンドの人と話していました。なんていうか、わりと体の大きいというか、肉付きがいいというか、決して平たくないけど平たく言えばデブだったんですね。初対面ですからお互い気を使う感じで、「山岸さん、休みの日とか何してます?」という「合コンか」とつっこみたくなるような質問をされましてね。「まぁ本読んだりとか。ちなみにあなたは?」と聞き返すと、「わりと家にいますね」と広がらない答えが返ってきました。さて、ここで次に私が言った言葉が問題です。「出不精なんですね」と。会話の流れではいたってノーマルなのですが、やはり「出不精」というワードに私は言った直後に「あ」と一瞬気まずくなりました。相手はデブなんですもの。初対面ですから「デブだけに!」と付け加えて爆笑というわけにもいきませんし。日本語は時に難しい。

あと気を使うのは、やはり頭髪。以前知り合いのバンドでこんなエピソードを聞きました。ドラムの人が若干ハゲ散らかってきた非常にセンシティブな時期にレコーディングがあったそうです。ドラムを録り終えてみんなプレイバック(聞き直し)をしたらあまりいいテイクではなかったそうで、エンジニアさんがこう言ったそうです。「◯◯くん、もう一度つるっと頭から録ろうか」と。「ツルッと頭から」。レコーディングでは当たり前のこのワードが、その時のスタジオの空気を一瞬で凍りつかせたことは言うまでもありません。きっとみんなその後、「悪くないテイクだったよ」とハゲましたんでしょうね。なんつて。

今日はこのへんで失礼します。

 

ジムの話

私が「ジムに通っている」と言うと、みんな私の体を指差して「どこが?どのへんが?」と笑いますね。失礼ですよね。確かに貧弱な体をしておりますがね、これでも筋肉をつけようとがんばっていたのであります。

しかし、12月と1月は忙しくてほとんど行けませんでした。これでは月会費をジムにただ寄付しているようなものですよね。保険料さえ滞納しているというのに。これではいかん。本日、久しぶりの休みでしたので意を決してジムに行ってまいりました!しかし!ジムの受付で重大な忘れ物に気づき、くるりと踵を返し帰宅。そのまま、「寒いし久しぶりの休みだし…今日じゃなくてもいいかな」と、なんと諦めてしまったのであります!一度行ったのに!!

私にまず必要なのは、筋肉よりも強い意志かもしれない。

 

ブラヤマギ 永田町編

こわいもの。地震、雷、火事、ハッカー。そうです、正直私は今、不正アクセスのハッカーに相当ビビっています。2月4日のブログが何者かに不正アクセスされ、かなり過激な政治的発言らしき文章が、謎の言語で書かれました。削除しましたが、見た方はブログのテイストの急な路線変更に戸惑われたかと思います。

一昨日、小倉くんが急に多々良沼の風景の写真をブログに載せたのは、「小倉くんの端末からは大丈夫か試しに更新してみて」という事務所スタッフさんからの指令が出たからであります。アフリカの大地の湿原かと見紛う壮大な写真でしたね。相変わらず画像のサイズが規格外にはみ出し、壮大さに輪をかけてますよね。あのはみ出してるのはハッカーのせいでもサイトのバグでもなく、強いて言うならば小倉のバグです。

しかし美しいですね多々良沼。あんなところを散歩できるは実に羨ましい。タイトルの「夕焼け散歩道」という、なんかジブリっぽいネーミングも実に羨ましい。

私なんか「ブラ男ヤマギ」ですからね。ちなみに今日のお散歩は、


永田町。多々良沼のように「きれいな」政治をしていただきたいものです。急な政治的発言ですが、ハッカーじゃなくて私ですよ。

 

ハッピーバースデイはるかさん

さて、2月はウラニーノのライブはございませんが、弾き語りが1本ございます。覚えておりますでしょうか?1月に書いたブログでアサトアキラくんに送りつけた嫌がらせのようなLINEを載せましたね。


一度会っただけの先輩から文言なしでこんなスタンプばかり送りつけられてきたら、ぼくだったらブロックしますね。しかし送ってみるものです。この後、なんとアサトくんから弾き語りのお誘いの連絡が来ました。そういうわけで2月16日の木曜日、西荻窪でアサトアキラくんの企画に出演いたします。夜勤の同僚、スリマの風間くんもです。

ところで昨日2月6日は、鵜沼はるかさんのお誕生日でございました!こないだ楽屋で2人になった時に、「私、ステージではもっとクールでミステリアスな大人の女性になる予定だったんですけど」と唐突なカミングアウトをされました。おそらく、ウラニーノのステージでいろいろとビジョンが狂っているという私へのクレームでしょう。ベース弾いてもベース置いて踊らされても、あなたは最高にロックで素敵な大人の女性ですよ。そういうわけでこれからもよろしくお願いします。


 

 

ブラヤマギ 溜池山王編

このブログを読んでくださる方はもうお気づきでしょうし、今さら隠すことでもないので堂々と書きますが、私は赤坂で副業をしています。今日は昼休憩時にちょっとお散歩してみました。ブラヤマギです。ブラヤマギってなんかブラ男みたいですけど私は違いますからね。

手ブラでぶらぶらと溜池山王の方へ歩いてみますと、徒歩10分と歩かぬうちに首相官邸。


あべちゃんいるかしら?

もちろん周囲は警察官だらけの厳戒態勢。およそ昼下がりのお散歩コースには不釣り合いな物々しい雰囲気でございます。官庁街ですからすれ違う人はだいたいスーツですよね。チノパンにスウェットという、近所のマルエツにでも行くような格好は私だけでした。その格好で私、首相官邸をぐるりと一周しました。


ほれほれ。こわいでしょ。怪しい者ではございませんが、十分に怪しい人だったと思います。

 

ブラヤマギ楽しいな。今度は電車に乗ってどこかに行きたいな。「ブラ男途中下車の旅」。また明日。

 

ハッカーに乗っ取られた話

驚きました。このブログがハッカーにやられましたよ。前回のブログ見てください。絵に描いたようなウィルス感。どこの国の言語でしょうね?謎の旗もはためいてますね。どなたか翻訳できる方よろしくお願いします。

前回のブログのオチが不適切だったため、どなたかが通報し、規制の対象にでもなったかと思いました。消されてしまったので再度アップしようかとも思うのですが、あのオチを投下した後の私のメンタルは自己嫌悪でかなりやられましてね。再度アップとなると無駄に二度メンタルえぐられますよね。

こういう目に見えない敵を相手にすると人は想像力が膨らみますが、そのイマジネーションは先入観に支配されるところが大きいと思います。今私の頭の中でのハッカーは、アメリカの比較的裕福な家庭の一室に引きこもっている少年で、パソコンの前でペプシとポテチと相場が決まっております。まもなくCIAあたりが国家機密クラスのプロジェクトを持って彼をスカウトしに来るとこですね。

無事に更新されますように。

 

焼き鳥の話

何回か前のブログに書きました焼き鳥屋さん。いつ通っても客がいない、もちろんぼくが行った時も誰もいない。寡黙なおやっさんが焼き鳥を焼くというよりはただただ瞑想しているような、あの焼き鳥屋さん。おいしかったのでまた行こうと思って帰りに寄ったんですよ。そしたらなんと…フィーバーしてました。

テイクアウトのみに関わらず、店内で3組ほど待っておりまして、おやっさんてんてこ舞い状態でした。ワンオペの老人バージョン見てるようで痛々しかったです。私「ここでバイトしたい」などと書いてしまいましたが、撤回いたします。

焼き鳥といえば、小倉の好きな部位は「皮」ですね。必ずとり皮をタレで頼みます。オススメが塩だとしても、タレで頼みますね。ぼくですか?難しいですね。あれば必ず食べるのは「ハツ」ですが、当たり外れがありますよね。「ねぎま」も好きですね。レバーは「白レバー」が好きです。でも一番好きなのはやはり「せんずり」ですね。

 

誤変換の話

誤変換はよくやらかしてしまいますが、我ながら久しぶりにヘンテコなのをやってしまいました。小倉くんと連絡を取り合っていて、日程を「調整して連絡します」と送ったつもりだったんですがね。見返して驚きましたよ。

「腸閉塞して連絡します」

連絡されても…って感じですよね。腸閉塞になって連絡するのは小倉ではなくて間違いなく119番ですね。

あとこれは流行ってるから経験ある方もいるかもしれない。RADWIMPSの曲名を送ったつもりだったんですよ。「前前前世から」と。一発で変換しようとしてはいけません。こうなります。「全然前世から」。だいぶニュアンス変わりますよね。なんか軽い感じしますね。「あ、自分、全然前世からでいいっすよ」みたいな。ちなみにはるかちゃんがこの曲を口ずさんでいるのを聞いたんですが、「ぜぜぜぜ前世から〜」と歌っていましたね。パパパパPUFFYとでも間違えたんですかね。

さて、「君の名は」も「逃げ恋」も見ていない流行知らずの私が最近ハマっているのはなんと、

「科捜研の女」。

 

マッサージの話

先日ふいに渋谷で中途半端な空き時間が発生しまして、この約90分をいかに使ってくれようと思案した結果、「マッサージ」という夢のようなワードが頭の中を舞いましてね。ちょうど近くにあった行ったことのあるマッサージ店に入ってしまいました。あの、まさか誤解する方もいないと思いますが、もちろん健全なるリラクゼーションマッサージでございます。

予約なしで行ったのにも関わらず、快く対応してくださったのですが、スタッフさんは若いお姉さんが2人いらっしゃいましてね。ふと気になったのですが、予約なしで突然来た男性客に対し、どちらが施術するかどうやって決めると思います?私、受付を終わってベッドで待っている間、究極のネガティヴシンキングを発動してしまいまして。「…じゃんけんして負けた方が来るのかな」。そう思ったら急に死にたくなりましたよね。

入って来たお姉さんに、「なんか、すみません」と唐突な謝罪をしてしまいました。「どこかお辛い箇所はございますか?」との問いに、「今は心が一番つらいです」と答えたかったです。

しかしさすがプロ。がーさすのロープーでございました。最高に気持ちよかったです。しかし、若干S気質のお姉さんだったのか、もしくはじゃんけんに負けた腹いせか、かなりの力で体の固い私の股関節をグリグリとやってくれましてね。ヒーヒー言ってしまいましたよ。

今度はちゃんと予約して行こう。