三つ巴山形満喫編

仙台の翌日、1日空いて山形でライブでしたのでね、何するんだろうと思ってたんですが、傷彦王子が故郷山形でイベンターさんばりの完璧な行程を組んで歓待してくださいました。ただただ、傷彦さんについて行った結果、こんな1日に。

まずラーメン屋さんに。山形県民は日本一ラーメン食べるんですと。



昨今流行っている古民家カフェとかのレベルではない。これはもう「民家」。

 

 



こってりを受けつけなくなったアラフォーの胃にもやさしい中華そば。やさしさそのもの。おいしかったなぁ。

 

次どこさ行くんだべか?



風呂だべか!

すごい硫黄の匂いがしましたね。ここは本当にお風呂しかなくて洗い場もシャワーも何もない。ただただ浸かるだけ。

 

ちゃんと仕事もしました。FM山形へ。



「こいつら、温泉入ってきたな」と一瞬でバレるほどの硫黄臭を全身から放ちながら、「音楽はあるか」を生で弾き語りしました。温泉はあるか。

その後、なぜかバスケットボールを観戦。初めて生で見ました。



「意外とフリースロー外すんやなぁ」と、意外と失礼なことをさらりと言う片山尚志。
スポーツを見てスポーツしたくなったのか。



バッティングセンターへ。私のバッティングフォーム。身体、開きすぎ。軸ブレすぎ。静止画一枚でヘッポコぶりが伝わります。元野球部なんだけどなぁ。おかしいなぁ。

片山さんに至ってはマッサージまで受けてましたからね。もはや湯治に訪れた老人のようですね。

傷彦さん、完璧なプランニングありがとうございました!