Profile


2001年、埼玉大宮を拠点に活動を始める。山岸による唯一無二の歌詞の世界、小倉の野性的なドラムが独特の世界観を作り出す。また、シリアスな楽曲が多いわりに、ライブでは時折コミックバンド顔負けの演出を行い、2人の親しみやすくも濃いキャラクターが全面に出るパフォーマンスは、ライブバンドとして独自のスタイルを築いている。

2007年発表の4thアルバム『友達の彼女』より、プロデューサーに佐久間正英氏を迎える。同年12月にはインディーズバンドとしては異例のC.C.Lemonホール(渋谷公会堂)ワンマンライブ「手売りでC.C.レモン」を決行。無謀と言われたこの企画にチケット手売りで1200人を動員。

2009年7月、メジャーデビューミニアルバム「ランドリーとワールド」をエピックレコードより発売。2010年6月、2枚の先行シングル曲を含む初のフルアルバム『World end Happy end』を発売。リリースワンマンツアーでは「投げ銭ライブ」や「150人入らなかったらカラオケ大会」など、全国各地で独創的な企画のワンマンライブを展開し話題に。

2010年秋公開の映画「遠くの空」の主題歌を担当、山岸が同作に役者として出演。2013年10月23日には、3年半ぶりとなる2ndフルアルバム「音楽はあるか」をリリース。表題曲が同年秋公開の映画『ベイビー大丈夫かっBEATCHILD1987』の主題歌に抜擢され、全国の映画館スクリーンからウラニーノの曲が流れた。

2013年よりレギュラーサポートとしてベーシストに鵜沼はるか(DATSUN320)を迎え、精力的に活動中。

 

 


山岸賢介(ヤマギシケンスケ)
ボーカル・ギター・ピアノ担当
8.23生まれ AB型
全作詞作曲を担当、リーダーである。
脂っこいものは食えない。
山岸 Twitter

 


小倉範彦(オグラノリヒコ)
ドラム・アート担当
6.9生まれ A型
農家の長男。漫画も描く。
小倉 Twitter